借金返済の悩み

MENU

借金に苦しんでいる生活を想像してください。
もし今、借金に苦しんでいるなら、自分に置き換えて考えてみてください。

 

 

督促の手紙や、取り立てに恐れる毎日は、精神的に極限状態となり、仕事も手につかなくなるでしょう。
そのため集中力が散漫となり、仕事でミスをしてしまい評価が下がり、さらに絶望してしまう。

 

 

そんな悪循環に陥るケースが非常に多いのではないでしょうか。
では逆に、借金のない生活はどうでしょう。

 

 

 

今、借金のある人ならば、それは考えただけで幸福なことです。
毎月の支払いから開放されることが、どれだけ幸せなことなのか。
借金をしてしまったからこそ、そのありがたみがよく分かるはずです。

 

 

 

債務整理後には、まさにそんな幸せな生活が待っているのです。

 

 

 

債務整理を行えば、和解が成立するまで一切の支払いがストップします。
なので和解を進めている間に、家計の立て直しを図ることができます。

 

 

 

そのうえで和解後に、無理のない範囲で返済を続けていくことができるので、
肩の荷はずっと軽くなるでしょう。

 

 

 

しかも和解後の金額は利息がカットされており、払えば払った分だけ、しっかりと減っていきます。
どの債務整理を行っても、ブラックリストに載ってしまうため、
5年〜10年程度は消費者金融などから借り入れすることはできなくなりますが、
借金をしないで生活をするという健全な暮らしに戻るための期間と考えれば、大きなデメリットではないはずです。

 

 

しかし勘違いをしてはいけません。

 

 

任意整理をしたからといって、生活がすぐに、劇的に変わるわけではありません。
自己破産は別ですが、減額したとはいえ、
債務は残っていますので、これを約束通り返済していかなくてはいけません。

 

 

なので和解時に、必ず返せる額で約束しないと、また泥沼にはまることになります。
任意整理の場合、弁護士費用も発生しており、こちらの支払いもしないといけませんが、
もし債務整理をしなかったら、どれだけの支出が発生していたのかを考えてみてください。

 

 

 

それらを差し引いても、ずっと楽になっているはずです。
もう借金の苦しさにとらわれないよう、債務整理後は、完済するまで気を抜かずに取り組んでください。
借金のない、本当の幸せを手にするまで、あと一歩です。