債務整理するタイミング

MENU


借金返していくの苦しいな、利息だけしか払えない、また借り入れ増やさないと……。
そんな状況に陥っていませんか?


少しでもそんなことが頭をよぎったとき、それが債務整理を検討するサインです。
早急に手を打つ必要があることを、まずは認識してください。


借金は、気づいたときには手に負えなくなっているケースが非常に多いです。
その手前の兆候を見逃さないでください。



仮に、借金を抱えていたとしても、毎月しっかりと元金を減らし、
計画通りに返していけるのであれば、無理に債務整理をする必要はありません。



債務整理を行うと、いわゆるブラックリストに名前が残ってしまうため
向こう何年かはクレジットカードなどの審査も通らなくなり、車や住宅のローンも組めなくなります。


また、自己破産と個人再生に関しては、一般の方が見る可能性は低いですが、
国が発行する機関誌である官報に掲載されてしまいます。


しかし、返せない借金を抱え、督促に怯えながら過ごしているのならば、
その生活から抜け出せる債務整理のメリットは、前述したデメリットをはるかに上回ります。


債務整理を考えるタイミングとしては、利息だけしか返せなくなってきたら要注意です。
また3社以上借りている場合も、早急に判断したほうが良いでしょう。


借金も病気と同じで、早期に解決策を講じることで、負担を抑えることができます。
逆に無理を重ねて、悪化しきったあとに行うとすると、デメリットが大きくなる場合もあります。



一般的には負債の度合いが低い順から、任意整理→特定調停→個人再生→自己破産と検討していくことになります。


当然、右にいくにつれ、デメリットも多くなってきます。
借りたものだから約束通り返さなくてはいけない、と思う方も多いでしょう。


でも、それができるならば、悩む必要はありません。状況は変わります。
借りたときは、返せるつもりだったものが、今は返せなくなる状況になってもおかしくありません。



そしてそのための債務整理です。



この文章に目を通してらっしゃるということは、少なからず債務整理を検討していると思います。
今はそんなに深刻じゃなくても、この先どうなるか分からない。


その不安があるからこそ、債務整理について調べてるい方もいるでしょう。
債務整理ってどんなものなんだろう。そう思っている今こそ、債務整理をする絶好のタイミングです。


鉄は熱いうちに打て、とよく言われますが、借金も理屈は同じです。
借金生活から抜け出すタイミングをしっかりと見極めましょう