債務整理のメリット、デメリット

MENU

債務整理のメリット、デメリット

借金で悩んでいると、周りが見えなくなり、うまい話に飛びついてしまいがちです。

 

例えば、10万円を出せば借金が帳消しになるなどの、普段では騙されないような嘘も、

 

藁にもすがる思いでいる人からすれば、それが地獄から救ってくれる蜘蛛の糸のように見えてしまいます。

 

 

 

 

借金は単に家計が圧迫されるだけではありません。

 

判断能力を著しく低下させるほど、精神的な苦痛を与えてくるのです。

 

 

 

 

債務整理は確かにその苦しみから解放してくれます。

 

 

 

しかし、良い面だけでは当然ありません。それなりのリスクも伴ってきます。

 

もちろん、だから債務整理をするな、というわけではありません。

 

 

メリットとデメリットを十分に理解したうえで、利用する必要があるのです。

 

後から、そんなこと知らなかった、とならないよう、しっかりと債務整理の裏表を把握しておきましょう。

 

 

債務整理のメリット、デメリット

 

メリットは借金の減額あるいは帳消しです。

 

さらに今後、余裕をもった方法にて、将来利息のカットされた額を返済していくことができます。

 

現在、督促や取立てに苦しんでいるのならば、弁護士に依頼、あるいは裁判所に申し立てすると、

 

すぐに請求が止まるのもメリットのひとつでしょう。

 

 

返済自体も、それぞれの債権者と和解が成立するまでは支払わなくても大丈夫になります。

 

返済日が近づくと憂鬱になる日々から脱却できることがどれだけ助かるか。

 

 

まさに今、借金に悩んでいる方ならば、それがとてもリアルに感じられると思います。

 

デメリットとしては、5〜7年程度ブラックリストに載ってしまい、クレジットカードや住宅ローンの審査に通らなくなります。

 

 

自己破産に関しては、財産を手離すことになるので、身内にバレてしまうことも覚悟しなくてはいけません。

 

 

でも大きなデメリットとしてはこのぐらいです。

 

そもそも借金をしてしまったことで、これだけの苦労をしているはずです。

 

 

借りれなくなる、とマイナスに考えるのではなく、借りなくてもいい、と前向きに捉えられれば、

 

たいしたデメリットではありません。

 

 

むしろ、すぐお金を借りてしまう体質の方にとっては、それを制限されることで健全な生活を取り戻す

 

ある意味、メリットと言えるのではないでしょうか。

 

 

自己破産で家族にバレてしまい、一時は気まずくなったとしても、今後のがんばり次第で挽回は可能です。

 

 

 

今の苦しい生活を脱却したい、新しい一歩を踏み出したい、そう決意した人を助けるのが債務整理です。

 

後ろめたい気持ちではなく、堂々と行い、今までの自分と決別する。

 

 

 

その覚悟があれば、債務整理のデメリットは、なんとも思わなくなるはずです。