借金返済の悩み

MENU

債務整理の流れ

債務整理には、自己破産、特定調停、個人再生、任意整理の4つの種類があります。

 

借金を債務整理で解決したいと思っている方は、

 

まずはどの方法で整理するかを検討する必要があります。

 

 

 

借金の総額や財産、今後の収入状況などで最善の方法が異なるため、

 

個人では判断が難しいため、法テラスや弁護士などの専門家に直接問い合わせるのが良いでしょう。

 

 

 

それぞれの方法で流れも異なりますが、最も負担が少なく、

 

また債務整理の中で一般的な任意整理の流れをご説明します。

 

 

 

 

まず相談する法律事務所を決めます。

 

直接訪問あるいは電話にて現在の状況を説明し、弁護士に依頼をします。

 

 

 

このとき、借金の詳細や家計の収支など、

 

細かく尋ねられるので、あらかじめ調べておくとスムーズに進みます。

 

 

 

 

ご自身で行うことはこれだけです。あとは依頼を受けた弁護士が進めてくれます。

 

弁護士はまず受任通知書を債権者に発送します。

 

この受任通知を受け取った債権者は、直接本人に取立てや請求をすることができなくなり、

 

 

 

弁護士と債権者の間で和解が成立するまで、督促も支払いも一切ストップします。

 

 

これだけで気持ちが大分楽になるはずです。

 

 

 

債権者から取引履歴を取り寄せた弁護士は、利息制限法に基づいて引き直し計算をおこない、

 

借金の額を減額します。

 

 

 

このとき、多く払っていた利息などが発覚した場合は、過払い金として逆に戻ってくる場合もあります。

 

 

 

最終的に、減額されたうえに、利息などがカットされた額を、今後返済することになります。

 

その他の債務整理に関しては、特定調停は流れは任意整理とほぼ同じですが、

 

間に入るのが弁護士ではなく、簡易裁判所の調停委員になります。

 

 

 

 

また、申立書の作成や債権者との交渉など、ご自身で行うことが任意整理と比べて多くなります。

 

個人再生と自己破産は弁護士に依頼し、弁護士の指示に従って進めていくのが一般的です。

 

 

 

 

どの方法を選択するにしても、個人ひとりで進めていくと不安になることも多いと思います。

 

そのためにも、債務整理を考えたら、

 

まずは専門家に相談することが問題解決の何よりの近道になります。

 

無料相談を受け付けているところも多いので、債務整理を行うかどうかは別にして、まずは相談してみてください。

 

きっと最善の方法を提案してくれるはずです。