債務整理の種類

MENU

債務整理の種類

債務整理には4つの種類があり、それを総称して「債務整理」と呼ばれています。
それぞれに特徴があり、どれが今の自分に最適かをよく考える必要があります。

 

 

任意整理

まず「任意整理」ですが、債務整理=任意整理と思われるほど一般的な整理方法です。
任意整理は裁判所を介せず、弁護士、司法書士が直接債権者と減額交渉し、
確定した額を3年間(長くても5年間)にわたり分割返済することになります。

 

 

 

交渉から金額の確定まで、一連の債権者との交渉をすべて
任せることができるので、一番負担が少ない方法になります。

 

 

特定調停

「特定調停」は簡易裁判所の調停委員が、債権者との間に入ります。
流れは任意整理と同じですが、任意整理と比べると、裁判所が間に入る分、
手続きが煩雑になり、債権者からの督促が止まるまで時間がかかります。

 

 

 

また基本的に裁判所で直接本人が債権者と交渉する必要があるため、
平日に勤め先を休み、出廷しなければいけません。

 

個人再生

「個人再生」は任意整理や特定調停でも解決が困難な場合において、
自己破産はしたくない方が検討される方法です。
この方法をとると、住宅等の財産を手離さず、借金の大幅な減額が見込めます。

 

 

ただし手続きは債務整理の中で最も複雑で、費用や時間もかかります。
またブラックリストに載るだけではなく、自己破産同様、官報に掲載されるのも特徴です。

 

 

自己破産

そしてこれらの方法すべてにおいて解決が難しい場合にとられる方法が、「自己破産」です。
自己破産は借金が減額ではなく、免除になるという最大のメリットがある分、デメリットも数多く発生します。

 

 

一番のデメリットは、20万円以上の財産が処分される可能性があることです。
それは家族にも最大の迷惑をかけることにも繋がります。

 

 

借金がなくなったとはいえ、財産が無い状態で、一から出直しすることは相当に労力が要ります。
周りの仲間、とりわけ家族の助けは必要不可欠です。

 

 

 

自己破産は借金が0になるからと、甘い考えで選択してはいけません。
文字通り、最後の手段として考えておくのが好ましいです。

 

 

 

いずれにしても、最善の方法をご自身で判断するのは難しいです。
どれが最適か、まずは専門家に相談するのが一番でしょう。